乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ことばのつえ

東京と仙台の明日の、日の出の時刻は同じ。
名古屋の日の出は、東京の10分後。
ラジオがそのように告げる、さむい夜であります。

衣更着信について尋ねられ、詩人の、と答える。作品は読んだことがない。
ただ、この名前を見ると、全く関係ないのにどうしても『F式蘭丸』(大島弓子)の
「更衣の君」を思って、ややときめく。
だからなのか、そのあとさらに藤井貞和のある詩が収録されている本、について
尋ねられたときに、その題名は聞いたことがあるぞ!と思って、おもわず
「仕事」の枠をぽーん、と越えて、親身になってしらべてしまった。
おかげで詩集は判明し、あ、それはすごくうれしい、と言っていただく。
わたしもうれしいです。こういう接客はたまにしかできない。
そしてまたばたばたと「仕事」に戻りながら、今日は身体のどこかでずっと
詩のことを思っていた。
言葉の内圧の高さに、ひかれているのだたぶん。

久しぶりに退館がいちばん最後になる。
フェアの入れ替えとフェアの選定と、イベントの企画の打診と配架、それらに
営業中はまったく手をつけられず、閉店後、おにのように働いてみる。
なぜか、「NHKみんなのうた」で流れている『PoPo Loouise』 (演奏・うた:
栗コーダーカルテット&UA)という歌のサビの部分が頭からはなれない。
こないだいちど聴いただけなのだが。

サボテンの花が咲く季節に また逢えるまた逢おう
E Le Vu Sha Ki La Ku Pa Di Ma To Ka Lei
PoPo Loouise PoPo Loouise

歌いながら、台車を押してみる。
すぐやめる。

今凝っているもの。
ミニストップで売っている(他のコンビニ、スーパーでも売っているのか?知りたい)
「チーズクリーム大福」95円。
敷島製パン販売。餅生地がやわららららーかくて、クリームがほどよくチーズ。
あると必ず買う。そして売り切れる。そしてなかなか再入荷しない。

真夜中。
「狭山抹茶のシュークリーム」をお土産にもらった。おいしかった。
しゃべるだけしゃべって、酔っぱらいは寝た。

ハロー 夜。ハロー 静かな霜柱。ハロー カップヌードルの海老たち。(穂村弘)

おやすみなさい。
by mayukoism | 2008-11-11 03:33 | 言葉