乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:twitter的日常( 9 )

twitter的短歌vol.1

いつかやろうと思っていたことを、今日やってみました。
わめぞblogに連載させていただいている「twitter的日常」より、備忘録的に短歌だけまとめました。
ほぼ自分用…なので、興味のない方まことに申し訳ない。
以前に詠んだ短歌もたぶん300首はあるので、いつかなんらかの形でまとめられればとは思います。

ちなみに1首だけ、「みてみせて」は以前に詠んだ歌なのですが、
なんとなくそのときの気分に合っていて、未発表歌だったので、掲載しました。

季節をおぼえています。
その歌を詠んだとき、どんな花が咲いていて、どんな色の空だったか。
では、よかったらどうぞ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------



【twitter的短歌】2011.8~2012.2



ホチキスが空を噛むとき手のひらにあの日の夜が生まれてしまう


もうどこも行かないし、もうどこからも帰らないよ、と言う蝉時雨


どこからかわからないけど口笛がきこえる 寝ずに会いにいきます


いつ死ぬかわからないから霊園の自販機で買うPEPSI NEX


櫛の背をあててわたしの中心はどこなのだろう 考えている


天気なら横断歩道の白線がきれいに見える曇天が好き


信号が青になるとき、まもられたままでもよかったなって思うの


わたくしの一部になってくださいと夜の水道水を飲みほす


寝るまぎわ見る星雲がありたぶん死んだらそこへ行くのだと思う


心という字の点々はいまにも飛ばされそう 八月だ


窓ぎわの歯ぶらし同じほうを向き可愛い嫉妬なんてないのよ


自転からはぐれてもいい、宇宙には番地はない、と傘をまわした


真夜中に炭酸を飲む 宇宙から見ればわたしも空なのだろう


いろはすの空のボトルをひねるとき忘れたことも思い出さない


雨水がながれこむのでそこだけが低いとわかる ゆるさないで


心臓を好きなリズムで鳴らせたらいいのに朝のあいさつとして


夜半から降る雨/////鳥と人とはどこで隔たれたのか


昨夜からいままで傘についていた水の気持ちを考えてみる


浴室の空気はまるい ほんとうも嘘もひとしい重さでしずむ


飲みかけのペットボトルの水面に小さなひとを泳がせてみる


いまはまだ書かれていない詩のために少女の白きハイソックスよ


転居先不明の手紙やぶられてひるがえるときあの大銀杏


ていねいにひだをそろえたスカートの数だけ夏が正しく終わる


空という字にふりがなをふる そら、とふってもあき、とふっても青い


夜中あなたのほどけた髪がこの町を流れる川の輪郭となる


空にした炊飯ジャーがいつまでもいつまでもあたたかいので泣こう


あこがれはうつくしくあってほしいから、わたしはだれにもあこがれない


家々の物干しざおはおしなべて斜めに/空と/きみとを/わかつ


親展の手紙に封をするようにあなたの肩の傷をおさえる


五線紙の音符をたしかめるように水平にとぶ蜻蛉を見ている


駅という駅をつなげて東京に星座をつくるきみが名づける


ふとふるえだす冷蔵庫のモーターはこわしたときのお腹の音だ


まぶたとはわたしのなかを夜にするスイッチそこにわたしはいない


朝の陽と夜のひかりが床上で碁盤のようにせめぎあう部屋


感じない、けど降っている雨 ある種のダメージとはたぶんこのようなもの


たちどまり目薬をさす人 ふいに舗道に生えた木のように見え


オリーブをちぎった指をちかづけて0時ちょうどのまばたきをする


スズカケの落葉に夕暮れがきていっせいに燃えあがる書皮たち


あざやかにパスタを巻いてきみは言う これがわたしの自転の速度


ランチタイムの終わりはすこしさみしいとだれも言わないけれど知ってる


泣いたってよかったのだろう手のひらの乳液がしみこんでゆく頬


気をぬくとわたし発光してしまうから頭まで湯舟にもぐる


信号がどこまで青に変わるかを、夜、国道のまん中で見る


ドトールの2階で異国の青年が「純愛」という言葉を習う


浴室のタイルの露の冷たさに触れ想像の惑星に行く


隣席の男女が語るご希望の間取りを手のひらに書いてみる


とじられたまぶたのゆるい曲線を集めてあなたの海面は凪ぐ


雪の日の坂道をゆく一歩ごと空に直立する詩のように


みてみせてみないでみての波よせてかえせばさっきとは違う海


言うつもりなんてなかった いまありとあらゆる窓で落ちゆく結露


電線に夜が流れるまっすぐに流れるその他のものも見ている


鋭角の光はわたしよりはやく階段を駆けおりる おはよう


スプーンはまわりつづけるteaという言葉が意味になるまでの間を


タクシーの空車の文字をやさしいと感じたら、もう、はやく眠ろう


死、にむかう身体をながれる時間とは朝なのだろうか夜なのだろうか



【将棋短歌、略して棋歌】惑星は軌道をそれてまっすぐに対角線をすべる角行


【棋歌】ひとりでも平気だと泣く王将を見まもる歩兵のしずかな呼吸


【棋歌】白線は踏まないルール ぎこちないスキップでゆく桂馬の背中


【棋歌】ゆっくりと背骨をなぞりあたたかな場所をさがしておりていく飛車


【棋歌】ひとつまたひとつ灯りを消してゆく夜明けのように銀をうごかす
[PR]
by mayukoism | 2012-03-10 03:30 | twitter的日常

twitter的日常 その7

いつかのばした髪のような小手鞠がゆれる。



雨にまもられたままで夕方になる。



地下鉄と夜と、闇のちがいを色で描きなさい。



窓と水たまりと、光のちがいを言葉で伝えなさい。



蛇口のかたちにバリエーションがありすぎる。



いくらでも、これからも、迷います。
が、ぶれたくはない。



スプーンホール
≪意味≫宇宙におけるブラックホールのように、家庭のひきだしからスプーンがなくなっていくこと。
またはそのひきだし。



ひょっとしてその機会がもうないのなら、もう一度はちまきを巻いて走りたい。



春、狂ってる、ツツジ。



背の低い煙草屋の主人とその妻みんな好きだ
バス停留所が好きだ好きだ好きだ
元特高の
古本屋が好きだ着流しの批評家はきらいだ

岩田宏『感情的な唄』より





兄弟と思って眺めていたら他人だった。



世の中には2種類の人間がいる。
それはG・Wに休める人間と休めない人間だ。



夜、サビ猫はアスファルトに同化する。



パスタはスプーンをつかってくるくるするということも、
お煎餅はかじらないでまず袋のなかで小さく割るということも、
腰のところで折り曲げてスカート丈をみじかくすることも、
だれもおしえてはくれなかったし、知らなくてもパスタはおいしかったし、
お煎餅はかじりたかった。
スカートはもう折り曲げない。


雨は、世界を、ひとりひとりの部屋にする。



耳たぶで、"R"のピアスがさかさまになっていたら、それもリボーさんの魔法の力なんだろう。



新聞配達のバイクが近づいて、遠ざかる。
その音で、この町の朝の地図を描く。



ナツメ球くらいにおぼえていて。



降りるひとつ前の駅でいつも眠くなる。



ビニール傘に空をうつして地軸の気分になる。



春のツツジのように話しかけたい。




朝の窓はいつもだれかにとってのとくべつな手紙だ。







わたしの手がここにあるとき
ここの大気はわたしの手のかたちになる

わたしが指をうごかせば
大気は指のかたちにうごく

いまここでこのかたちをつくることができるのは
あなたの好きやきらいや忠告にかかわらず
わたしだけだ

数多のかたちをとおりすぎたやわらかな大気が
いま思いきり泣いてやろうとかまえたあのこどもの肺にとどく

わたしが死んだら
いつかわたしの死んだかたちになる大気がある


      堀江敏幸『なずな』(集英社)を読んで

[PR]
by mayukoism | 2011-05-12 04:51 | twitter的日常

twitter的日常 その6

地球の裏側の夜まで連れてきてしまった、
みたいな色の神田川だ。


丸ノ内線をまる飲みしそうな欠伸だった。


まるでベルボーイだ、という人がベルボーイの格好をしてでてきたのでうれしい。


よくのびるチーズだ。


こどものころあんなにきらいだったのにいまこんなに歌えるなんて。
光GENJIの話です。


原点は複数ある。
原点が動きだす。


無知ならいくらでもつよくなれる。


19時のサンシャインは饒舌な手紙。
横罫の便箋にびっしりと光る窓。


つねに無数の死後としての現在にいる。


いまみたいな状態のことを「千代の富士」と名付けた友人がいた。
体力の限界。


蓑虫や悟れば十方世界空
(雑司が谷霊園の「思い出ベンチ」より)



24時のサンシャインは空白の多い手紙。
書きかけて、消した言葉が点在する窓。


便箋を、蛍光灯に透かしてみる。


嘘をつくより本当のことを言うときのほうがかなしい。


意味がなきゃだめですか。
言葉って。


あなたのストッキングから電線がのびています。


パーカーの、フードの部分が乾きにくい。


笹だんごの笹のところだけ春がきている。


一瞬ならいくらだってやさしくする。


原点が旅をしている。
原点はいまどこに。
[PR]
by mayukoism | 2011-02-08 02:40 | twitter的日常

twitter的日常 その5

ずっと、川が近くにあるような気がしていた。


矢印に、意志があったらかなしいだろう。


丸ノ内線で、終点まで行ったら生まれかわる。


いつまでも終わらない三つ編み。


HONNEST、と刺繍されたキャップをかぶる。


鳩居堂の便箋を今日つかいきった。


三越の紙袋は人を幸せに見せる効果がある。


丸ノ内線で、終点まで行ったが生まれかわれなかったので、戻ってきた。


この目は、前をよこぎる猫しか見ることができない。
うしろをよこぎる猫を、見てみたいのに。


あらかじめチャージされたsuicaをいただく。


気まぐれのクイックルワイパーに正しく埃が付着する、
正しい冬がすきだ。


生まれかわることはできなかったが、新高円寺で目が覚めたとき、
前に座った人が4日前の日経新聞を読んでいたのでおどろいた。
(一面に「与謝野氏経済財政担当相内定」みたいな見出しが出ていた)


スカイツリーのような高い志。


ささくれをむく派、むかない派、爪切りで切る派が混在する大通りだ。


室外機が、世界中の寝息のような音をたてている夜。


誰かが急に言い出したんだ
「川って海につながってんでしょ…」
おーしっ たしかめに行くぞーっ
行ったんだ ほんと確かめに
そんで3時間ぐらい歩いた時に
「川のはじまりって…」
イエーッ 気になる知りてーっ
来た道をくるり 逆にもどり
また3時間ほどたったころに
「ねぇ なんかお腹すかない」

スチャダラパー『彼方からの手紙』より



もったいぶらないで富士山を見せてよ。


ホームに入ってくる地下鉄は、いつでも未来の乗り物みたいだ。


今日から生まれたこどもひとりにつきひとつの名前と、ひとつのアドレス。


いまはこの世にいない人の筆跡がのこる。


ずっと、川が近くにあるような気がしている。
[PR]
by mayukoism | 2011-01-21 03:15 | twitter的日常
なにもかもが遅い。



これ、本物の雪?と子供が聞いている。



ゲームか、携帯電話か、液晶のむこうの世界をみんな見ている。
そちらの天気はいかがですか。



湘南新宿ラインで、あのおじさんが何に怒ったのか、イヤホンをしていてわからなかった。
女の人が、あなたのほうが迷惑です、と言い返していたのはわかった。



ドアは半自動、
半自動?



降りつづける雪の、
一粒一粒にたぶんそれぞれの時間が流れて、
それぞれに知らないふりをしている。



立て板に雪。
意味。かろうじて聞いている。



たまごっちってまだあるのか!!



夏より冬のほうが好き、冬はきれいだから、と横浜から来た少年は言う。



雪の話しかしない。



なめらかな筆記体のようにどんどん右に流れる。



グルメリアポパイ。



上越国際スキー場、の看板をみて、どういうところが国際なの?と尋ねる。



そんなに重そうなのに落ちないのか、柿。



いちばん上の段に「あったか〜い」、でも「つめた〜い」のほうが多いのね。



六日町でたくさん降りる。



五日町ではそんなに降りない。



ゴージャスな唇だ。



電気が消えた。
すぐに復旧します、とのアナウンス。


男はいいもんだなあ、と思うのである。こんなふうに云うと、それじゃ女はどうなんだ、とやられては困る。これはそういう論ではなくて、私の狭い思いかたを話すということだけだ。
幸田文「捨てた男のよさ」より




電気がついた。



スキー板をかつての恋人のように抱く。



線路が川のようになる。



降ったそばからつららになる。



生まれかわって雪になるには、どうしたらいいのだろう。



もうすぐ着く。
[PR]
by mayukoism | 2010-12-29 15:17 | twitter的日常

twitter的日常その4

ついにカチューシャの似合う女の子になれなかった。

「携帯電話のメールアドレス」と「携帯電話のストラップ」の選択に、みんなちょっと無防備すぎる。

お釣りがいつまでもとまらないときの大人としての対処法をおしえてください。



「和歌っていう方法論も、連歌みたいな日本の方法論もあるし、
引用のあらゆる文化みたいなものをリスペクトするやり方の文明、
そういうことも全部自分にとってはヒップホップ」(いとうせいこう談)



明るい雨の午後はきまって男の子の下着の匂いがする。

サザエさんのフネさんは後妻さんだそうです。

自分の弱みを告白します。その1。TVに櫻井翔が出ると凝視してしまう。

ドトールで食べたいものがもうなにもなくなってしまった。

素足になる勇気もないくせにペディキュアを塗る。

墓所に万国旗(これはほんとうのこと)。



「ラッシュ・アワア」北川冬彦

改札口で

指が 切符と一緒に切られた




「朝焼けのサンダーロード」という墓石(これもほんとうのこと)。

弱みを告白します。その2。ローマ数字がいつまでたっても6までしかわからない。
ときどきは4と6もあやしい。

あっ、フネさんの後妻説にはとくに確認できるソースはないそうです。
母親が自慢げに語っていたただの蘊蓄でした。ここに訂正します。

わたしにとってヒップホップとは、
とどめようもなく過ぎていってしまう時間を、景色を、
それらを損ねることなく、
とどめようとして手をのばす、はかない人間の腕力のこと。

きのうこぼした珈琲から落葉する。

角を曲がって、美脚の猫の開脚を見た。

嵐のなか物件を見に行く。センチュリー21の人の黒いパンツの裾がぬれていく。




辻征夫を読みながら。



のぞまず、
もとめず、
ねたまず、
ただいっさいからはなれた夜空のような場所に、
わたしはわたしの小さな明るい机を出して、
無名のままでただ書くということ。
[PR]
by mayukoism | 2010-09-24 02:37 | twitter的日常

twitter的日常その3

椿の落ちかたは、いさぎよい。

勝負師になるべきだったのではないかと思いはじめている。
AかBか、ギャンブラーはどちらかを「選択」するわけじゃない。
どちらかを「捨てる」のだ。

ナマステはこんにちは。
ありがとう、はなんだっけ?

きみが短パンとしてはいているそれはあきらかにトランクスだ。
(高田馬場の雑踏にてとある少年と会う)

三好達治にキスされた藤沢秀行。

キアズマ珈琲にて「いつもの、でわかりますよ」と言われた日。

ただ私には、私なりの答えがある。詩は、「書くまい」とする衝動なのだと。
(『石原吉郎詩文集』講談社文芸文庫より)

スタミナ丼を半分こにして食べるのに年齢制限ってあるかな。

短い横断歩道の赤信号を、待つ人の帰る家と待たぬ人の帰る家。

たまにデパートで洋服をながめると、世の中ってこんなに清潔だったのか、と思う。

『グーニーズ』が好きで、キー・ホイ・クアンが好きだった。
ビデオを再生して、キー・ホイ・クアンが映っている場面を写真に撮って、隠し持っていた。
チャイナ・タウンについて図書館で調べた。偶然会うところを夢想した。
好きになった芸能人てそれだけ。

柴犬と秋田犬とハスキー犬の鳴き真似を交互にする。

雪が降ると、点字ブロックがうもれて、わからなくなってしまうのだ。
はじめて気がついた。
手をひく。

きのうこぼしたスジャータが空にはりついたままで夜が来た。

ことあるごとに正しい判断をすることに、いいかげん飽きてしまいました。





いまきみがわたしにのびてその指の先からわたしが中心になる





サンマルクカフェでとなりの席の少年は勉強をしていた。

少年が携帯電話を持って席を立つ。

少年がいない間に、そのまた隣の2名席に3名のグループがぎゅうぎゅうと腰かけた。

きついわね。
だいじょうぶかしら。

少年は戻らない。

そのうち、ほかに空席ができて3名のグループはがやがやとそちらへ移った。

ほどなくして、携帯電話をぱちぱち鳴らして、少年が戻った。

ソファに腰かけ、付箋のたくさんついたページをひらいて、
少年はふたたび文字の国の住人になった。

少年、きみがおおいなるなにかに守られていることを、きみは知らないで、
知らないままでいい。





ブラジャーをはずせば冷えていくだけの駅をゆっくりすべる終電
[PR]
by mayukoism | 2010-03-12 02:17 | twitter的日常

twitter的日常その2

黒猫と目があった。黒猫の目は赤かった。お互いふりかえりながら、離れた。
たぶんわかりあえたと思う。

乗り捨てられたサドルのない自転車に、おしろいばなのつるが巻きついて、花自転車みたい。

『神田神保町古書街2010』には、ハルミンさんと塩山さんの、みひらきたっぷりコラムと
岡崎さんの中央線古本散歩案内が載っております。

しかし木村綾子さん、ううん(身をよじる)かわいいですね。

馬場のTSUTAYAはコミックレンタル店。じつはこないだから狂ったようにマンガを借りている。
20冊、1週間で1200円です。至福。

『まっすぐにいこう』のきらはうまく実力をつけましたね。育て方がよかったんだろうな。
『パティスリーMON』が予想外におもしろかった。刊行中。

『パティスリーMON』後半に出てくる「安藤さん」がちょっとムトーさんに似ています。
似てるよ、と知人に見せたら、「でもこのひとは女の人だ」と言っていた。あれ?

少女マンガの最前線→いくえみ綾
少女マンガの最先端→くらもちふさこ
少女マンガで自己啓発→槇村さとる

向井理が朝のテレビに出ているのをねぼけながら見た気がする。
声がよかった。でもめがねかけてなかったから、減点方式。

あだち充のマンガに出てくるすべての主人公級の男子が理想のタイプだと気がつく。

マツコの部屋、見てます。

中野重治と雑司が谷をむすぶものが『鬼子母神そばの家の人』以外出てこない。
全集の年譜には出てくる。
原泉の本がこないだ往来座にあった気がするけど、買いそびれた。

中野重治の詩集が読みたいと往来座ののむみちさんに言ったら、翌日に
のむみちさん→瀬戸さん→岡島さん→瀬戸さん→わたし、で立石書店の『日本の詩歌20巻』(中央公論社)を
いただいてしまった。中野重治、小野十三郎、高橋新吉、山之口獏!ありがとうございます。すごい。



葉脈を流れる水のゆくさきをだれも知らないように会おうよ



ふるいPCに入っている短歌を取り出さなくちゃいけない。
書いて、かたちになったものを必要以上に邪険にあつかってしまうところがある。

そういえば短歌のありかたとtwitterのありかたってちょっと似てる。

会社のための仕事なんて一生しない。

手の届くだれかのために仕事がしたい。



そのときは本当だった 食卓に水滴だらけのコップの無音
 
[PR]
by mayukoism | 2009-10-23 02:14 | twitter的日常

Twitter的日常

日記を書けないこととTwitterを書けないことには、たぶん共通点がある。
どちらも読むのはおもしろいのだけど。

ここ1ケ月でいちばんうれしかったこと。
外市のうちあげで、いつのまにか自分のとなりにぽつんと置かれていた「GODIVA」のきれいな包み。
いいなあだれのかなあと思っていたら、岡島さんが「あ、これ『1Q84』のお礼」と言って、くれたこと。

必要があって再読した栃折久美子『森有正先生のこと』(筑摩書房)にたくさん付箋がついてしまった。
これが恋なら、いま、世の中の恋はすべて道化だ。

集英社から『コーラス』のクーポン5枚コンプリートの人だけもらえる『miniコーラス』(非売品)が届いた。

均一に「現代詩文庫」が出ていると、いつもどれを持っていたのだったかわからなくなるので、
手帳につけておくことにしようと思う。五十音順で。

歩きながら食べるのにもっとも適しているのは、ポップコーンでもチュロトスでもありません、
「さけるチーズ」(商品名)だと思います。

向井理は静止画像で十分かもしれない。めがね付きならなおよい。

『春秋』(春秋社のPR誌)に掲載されている津村記久子と堀江敏幸の文章がいいです。
特集は「いま、ヴェーユを〈読むということ〉」。ヴェーユは『重力と恩寵』だけ読んでいる。

そこなわれるということは、すぐに知覚できるものではない。
時がたって、なにかを想起される場面に立たされたときに、気がついたら足がすくんでいる。
長い時間をかけて自分のどこかがそこなわれている。

だから希望も失望もないのです。ただ過去だけが私どものあかしとして眼前に展開しているのです。私もあとずさりをしながら進んで行きます。時々横目であなたをみます。もしうしろに崖があったら、よこからは見えますからすぐ教えてあげます。(『森有正先生のこと』より)


一日に何本も綿棒を使ってしまう。

いまは洗濯をしている。シーツ、タオル、制服その他。洗濯が終わるまでは出かけられない。
窓の外があかるくなった。晴れてきた。

うちあげで聞いたオグラさんの外市のうた。
あれをもういちど聞きたい。CDにならないかな。「こんなにレスポンスのいいライブはない」と
オグラさんが言っていた、「わめぞ、わめぞ」のコーラス入りで。

シーツを洗うのはいいのだけど干す場所がない。
[PR]
by mayukoism | 2009-09-08 13:42 | twitter的日常