乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年 01月 19日 ( 1 )

奏でる人と歌う人

思いを言葉にすることで、世界は断面になる。
ひとつとして同じ断面はない。
そのとき、あなたとわたしがどこにいて、なにを見て、
季節はいつだったか、天気はどのようだったか、
あなたはいくつだったか、わたしはいくつだったか。
言葉からこぼれおちたものもすべてふくめて、世界はいくつもの断面になる。

息もつかせないラップでつみかさなる世界の断面の数々を、
その日、ワメトークのゲストだった飯沢耕太郎さんが、ウクレレの音色で
やわらかくおし流していく。
どんなにおし流しても、リボーさんのラップは次から次へと光のように生まれるので、
世界はどんどん切りかわる。
音に、言葉に、別の音に、また別の言葉に。

外市&ワメトークの打ちあげで聴いた、飯沢耕太郎さんのウクレレと、
リボーさんのラップ、そして口笛の二重奏がいまだに忘れられない。
そして、忘れられないけれど、思い出せない。
なんというか明確な音や、言葉として思い出せないのだ。
そのときにいた「和民」の明るさや、こもった空気の感じや、照明のあたったレタスの水滴や、
そういった「場」のすべて、「時間」のすべてが、ぼんやりとまるい、あたたかなかたまりになって、
記憶のなかでとびはねている。

ひとしきり歌いおえて拍手ののち、飯沢さんがレットイットビーだったんだよ、と言った。
軽やかな手つきで弦をはじく、その指先から聞こえてきたのはビートルズで、
リボーさんは『Let it be』の旋律にのせて、ラップをきざんだのだった。
飯沢さんは深くやわらかな歌声の持ち主でもあり、『Let it be』のはじめのメロディを歌った。
飯沢さんのまわりには飯沢さんという風が吹いていて、その風にあたっているのが
なんともいえず、ここちよい。
この人がキノコの、少女マンガの、写真の、とうっすら思いながら見つめる。

リボーさんのラップを聴くたびに思いがせりあがってきてしまうのは、そのリズムが
もしかしたら走馬灯のリズムなのではないか、と思うことがある。

この世界にさよならをするときに脳裏にかけめぐるという、あの走馬灯のことを
だれにも確かめようがないし、確かめるつもりもないのだけど、
ぱしゃっ、ぱしゃっと鮮やかに世界を切ってみせる即興のリボーさんのライブを、
飯沢さんのやわらかなウクレレの音と、どこまでものびていきそうな口笛とともに、
となりで聴けたことで、わたしの世界のどこかがたぶん切りかわったはずなのだ。

その断面のことを、断面はすぐに流されていくけれど、
真正面からわたしは、わたしの言葉で語れたら、
大きすぎず小さすぎもしない、断面にみあった言葉で素直に語れたら、と、
いつも、どこにいても、わたしは思って奏でる人や歌う人を見る。



※下のコメント欄にリボーさんが、この日のラップの詞を書きこんでくれました。
[PR]
by mayukoism | 2010-01-19 21:37 | 聞いたこと