乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー

2009年 08月 13日 ( 1 )

久しぶりに料理をする。
気持ちが痩せていると、お勝手にも立てない。
ずいぶんまえに友人から借りた料理本から2品、「牛肉とアスパラガスのピリ辛いため」と
「香味野菜たっぷりの刺身サラダ」を、スーパーにあった材料にあわせてアレンジしてつくる。

夕方のスーパーで牛肉を選んでいると、安くしましょうか、と背後から声がかかった。
どれくらい?と尋ねると、半額…はきびしいな、380円でどうでしょう、と言われたので、
わーい、と小躍りしたい気持ちをおさえて、パックを差し出した。
「SALE!」の黄色いシールにマジックをすべらせて、お兄さんはやや遠ざかった。

ふむ。
これがこれだけ安くなるのなら、もう1パック買っとこうかしら。
そう思って、あの、と声をかけるとお兄さんは苦笑いで、もう1パックを350円にしてくれた。
わーい。
お兄さんの気が変わらないうちに、早足でレジにむかおう。

お勝手は苦手だった。
母親が料理上手で、ひとりでなんでもやってしまう。手伝おうとしても満足にできないので、
かえってよく怒られた。それがいやでお勝手にはまったく寄りつかなかった。
ひとりで暮らすようになって、素材の正しい切り方も、だしのとり方もよくわからないけれど、
えいっといきおいでつくる料理を、まあまあおもしろいと思えるようになった。

テーブルのそちらとこちらで知人と箸をつつきながら、アニメ『時をかける少女』を見る。
2006年、いったい自分はなにをやっていたのだったか、このアニメが話題になっていたというのを、
まったく知らなかった。途中から見たのだったけれど、いやはや、ものすごくよかった。
あまりにも集中して見ていたので、笑われた。ちょっとDVDがほしいと思うくらいだ。
名づけようのない少年少女の時間というのは、どうしてあんなにやさしく見えるんだろうなあ。
現実はやさしいばかりではなかったけれど。
[PR]
by mayukoism | 2009-08-13 00:30 | 生活