乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

神宮球場にて

神宮球場に行く。
日中の雨はやみ、しめった空にながれるさまざまなかたちの雲がひとひら、ふたひらと影になれば、
青々とした人工芝が目の前にさしだされたデザートのように浮かびあがる。
ナイターである。

夏休みなので子どもの姿が目だつ。
われ先にゲートをくぐろうとする友だちをうしろから「チケット!」と呼びとめる少年の集団や、
選手の名前の入ったフェイスタオルを肩にかけて携帯電話をかまえる、やけに脚の長い少女や、
親子連れも多い。

モニターに映る観客席を見るのが好きだ。
大きなモニターに、「映ってる」と気がついたとき、人はさまざまな表情をする。
その表情や、表情がまわりに連鎖していく様子が、その人たちのふだんの関係性を
瞬間的に、けれどもはっきりと伝えてくる。

先に気づいたお父さんの横で、満面の笑顔になって手をふる子どももいれば、
お母さんに促されながらも、どうしていいのかわからずにうつむく子ども。
いっせいに大きなリアクションでアピールする家族もいれば、
映ってる、ほら、ほんとだ、としずかにモニターを見あげる家族。

家族というつながりや子どもという存在を、個人的にわたしはそれほど信用していないのだけど、
モニターのなかの景色を見るときは、「平和のカタマリのようだなあ」と素直にしみじみする。

芝と赤土のコントラストがきれいだ。
一塁側の外野席から、バッターボックスに目をこらす。
ヒットやホームランならわかりやすいのだけど、わあっと歓声があがっても正直、
デッドボールなのか、ワイルドピッチなのかよくわからない。

神宮球場といえば、村上春樹がここで小説を書こう、と思いついたんだったっけなあ。
すこーんと夜空をかち割るような音がして、代打で出てきた選手がホームランを打った。
集中して見ていないと、ホームランはいつのまにかホームランになっている。
打った瞬間は見ていない。白球の軌道だけを見ている。

野手は静止している。バッターはゆっくりと赤土のダイヤモンドをまわる。
前の席で、お母さんと子どもたち(おそらく兄・姉・弟)がいて、お母さんは弟にばかりちょっかいを出していた。
それはおそらく弟がまだちょっかいをだしても喜ぶ年齢(幼稚園~小学校低学年)だからだと思うけど、
あまりに兄と姉(小学校中学年~高学年)がほったらかしなので気になった。

ホームランを打ったのは三塁側のチームなので、お母さんと子どもたちはがっくりしていた。
最終回が近づいて、弟は眠ってしまった。
兄と姉はミニバットをときどき振りながら、試合をじっと見ていた。
お母さんがトイレに立ったときも兄と姉は会話をしなかった。

べつの前の席には40代くらいの女性がトートバックを持ってひとりで座っていた。
一塁側チームの攻撃のとき、応援歌にあわせて女性がふりつけをしたのでおお、と思った。
トートバックの中に応援のための小さい傘がきちんとたたまれて入っていた。
点が入ったとき、女性は傘を広げて「東京音頭」を歌った。ヨイヨイ、と最後に二度、傘を真上にあげた。

結局、一塁側のチームは負けてしまったのだけど、最終回の前に女性はいつのまにかいなくなっていた。
いつか、なにかの事情でひとりになって、どこにも行くところがなかったら、球場に来よう。
野球がとくべつ好きなわけでも、くわしいわけでもないのだけど、今日はそう思った。
そんな景色ばかりを、神宮球場で見ていた。
[PR]
by mayukoism | 2011-08-26 02:53 | 見たもの