乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

twitter的日常 その5

ずっと、川が近くにあるような気がしていた。


矢印に、意志があったらかなしいだろう。


丸ノ内線で、終点まで行ったら生まれかわる。


いつまでも終わらない三つ編み。


HONNEST、と刺繍されたキャップをかぶる。


鳩居堂の便箋を今日つかいきった。


三越の紙袋は人を幸せに見せる効果がある。


丸ノ内線で、終点まで行ったが生まれかわれなかったので、戻ってきた。


この目は、前をよこぎる猫しか見ることができない。
うしろをよこぎる猫を、見てみたいのに。


あらかじめチャージされたsuicaをいただく。


気まぐれのクイックルワイパーに正しく埃が付着する、
正しい冬がすきだ。


生まれかわることはできなかったが、新高円寺で目が覚めたとき、
前に座った人が4日前の日経新聞を読んでいたのでおどろいた。
(一面に「与謝野氏経済財政担当相内定」みたいな見出しが出ていた)


スカイツリーのような高い志。


ささくれをむく派、むかない派、爪切りで切る派が混在する大通りだ。


室外機が、世界中の寝息のような音をたてている夜。


誰かが急に言い出したんだ
「川って海につながってんでしょ…」
おーしっ たしかめに行くぞーっ
行ったんだ ほんと確かめに
そんで3時間ぐらい歩いた時に
「川のはじまりって…」
イエーッ 気になる知りてーっ
来た道をくるり 逆にもどり
また3時間ほどたったころに
「ねぇ なんかお腹すかない」

スチャダラパー『彼方からの手紙』より



もったいぶらないで富士山を見せてよ。


ホームに入ってくる地下鉄は、いつでも未来の乗り物みたいだ。


今日から生まれたこどもひとりにつきひとつの名前と、ひとつのアドレス。


いまはこの世にいない人の筆跡がのこる。


ずっと、川が近くにあるような気がしている。
[PR]
by mayukoism | 2011-01-21 03:15 | twitter的日常