乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

twitter的日常その3

椿の落ちかたは、いさぎよい。

勝負師になるべきだったのではないかと思いはじめている。
AかBか、ギャンブラーはどちらかを「選択」するわけじゃない。
どちらかを「捨てる」のだ。

ナマステはこんにちは。
ありがとう、はなんだっけ?

きみが短パンとしてはいているそれはあきらかにトランクスだ。
(高田馬場の雑踏にてとある少年と会う)

三好達治にキスされた藤沢秀行。

キアズマ珈琲にて「いつもの、でわかりますよ」と言われた日。

ただ私には、私なりの答えがある。詩は、「書くまい」とする衝動なのだと。
(『石原吉郎詩文集』講談社文芸文庫より)

スタミナ丼を半分こにして食べるのに年齢制限ってあるかな。

短い横断歩道の赤信号を、待つ人の帰る家と待たぬ人の帰る家。

たまにデパートで洋服をながめると、世の中ってこんなに清潔だったのか、と思う。

『グーニーズ』が好きで、キー・ホイ・クアンが好きだった。
ビデオを再生して、キー・ホイ・クアンが映っている場面を写真に撮って、隠し持っていた。
チャイナ・タウンについて図書館で調べた。偶然会うところを夢想した。
好きになった芸能人てそれだけ。

柴犬と秋田犬とハスキー犬の鳴き真似を交互にする。

雪が降ると、点字ブロックがうもれて、わからなくなってしまうのだ。
はじめて気がついた。
手をひく。

きのうこぼしたスジャータが空にはりついたままで夜が来た。

ことあるごとに正しい判断をすることに、いいかげん飽きてしまいました。





いまきみがわたしにのびてその指の先からわたしが中心になる





サンマルクカフェでとなりの席の少年は勉強をしていた。

少年が携帯電話を持って席を立つ。

少年がいない間に、そのまた隣の2名席に3名のグループがぎゅうぎゅうと腰かけた。

きついわね。
だいじょうぶかしら。

少年は戻らない。

そのうち、ほかに空席ができて3名のグループはがやがやとそちらへ移った。

ほどなくして、携帯電話をぱちぱち鳴らして、少年が戻った。

ソファに腰かけ、付箋のたくさんついたページをひらいて、
少年はふたたび文字の国の住人になった。

少年、きみがおおいなるなにかに守られていることを、きみは知らないで、
知らないままでいい。





ブラジャーをはずせば冷えていくだけの駅をゆっくりすべる終電
[PR]
by mayukoism | 2010-03-12 02:17 | twitter的日常