乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

白米と夜

深夜に新米を炊く。

炊きあがった新米をほぐしながら、視覚を部屋の外の夜の中に置いてみる。

動きつづける明治通りをくだり、暗い窓の連なる路地をぬけて、

曲がり角にひとつだけうかぶ白い窓が見えたら、それがきっとこの部屋です。

生活のある部屋の明るさは、蒸気した新米の明るさ。

ひしめく新米の白さは、今日の月のあてどない白さ。

そう遠くないけれどまじわらない場所で、ひとりひとりが今日の月をさがして、見あげて、

吸い込まれたり遠回りしたりした。そしてたぶんもうねむりについている。

わたしは起きている。

起きて、小分けにした新米をラップにくるんでいる。

雨の音がする。

わたしの視覚はふたたび身体をはなれて、雨雲の向こうの今日の月をさがして、

電線をスタッカートでとびこえる。

目を見てちゃんと伝えられるように。

さようなら、夜。

さようなら、窓。

さようなら、今日の月。

f0178047_435630.jpg
[PR]
by mayukoism | 2009-12-03 04:01 | 言葉