乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

はじめはDだった。

つぎにSだった。

たのまれた原稿を仕上げなければと、伊集院光の「深夜の馬鹿力」も聞かずに、
パソコンをぱちぱちしていると、~で、の「で」が画面に出てこない。何度打っても
「え」になってしまう。

???

キーボードに埃でも入ったか、そういえばさっき、「スーパーカップバニラ」のふたを開けたとき、
付着していた氷のかけらが、ちょうど「D」のあたりに落ちていった。
ふっとつよく息を吹きかけて、爪楊枝でキーのすきまをこしょこしょとする。綿ぼこりが
するんと出てきた。

ひとしきりキーボードの清掃を終えて、ふたたび「で」を入力する。
すると、押してもいないのに、ddddd…と画面にdの字が走りはじめた。
わっ、こわい、霊?などと、霊感もないくせにおびえながら、とりあえずウィンドウを閉じた。

じつはこのパソコンはものすごく古い。
知人に、つかえない!と泣かれるくらい古い。
OSはWindows Meで、保証書を見ると「01年8月」と書いてある。ちょうど8年
使っていることになる。人間で言ったら、相当におぼえのわるいおばあちゃんである。

でも使えるのだ。
CDもDVDも動かせないけれど、ネットやメールやブログはできる。
それ以外なにも要求しないから、あなたにそこにいてほしい。(先立つものがないから)
わたしはこの老パソコンを、なるべく刺激をあたえないように、おそるおそる使いつづけた。

ところが「D」である。
みたびウィンドウをひらいて、「で」を入力すると問題なく表示された。
ほっとして「で、書店の」の「しょ」を入力しようとするとこんどは「しょ」が出てこない。
「しょてん」と何度打っても、「よてん」になってしまう。
「よてん」、よてん、と道端にねころがってしまうよっぱらいのようなひびき。
原稿がすすまないことにうんざりして、とりあえず再起動する。

……

まっくらである。
まっくらな地平に白いカーソルが、希望の出口のようにまたたいている。
が、出口にはたどりつけない。
パソコンが立ちあがらない。

???

キーボードに触れるとパソコンがわめきだした。
びー、びー、びー。
びっくりして指をはなしてもまだわめく。
びー、びー、びー、びー、びー。
あきらかに緊急事態の音である。
おどろいてぶちっと電源を切ってしまった。

たいへんなことに!と電話ごしに知人に音を聞かせると、お亡くなりになりましたね、と言われた。

と、いうわけでパソコンを買いかえます。
しばらく更新できない期間があるかもしれませんが、携帯電話からがんばってみます。
ここからはどなたかわからないのですが、ごめんなさい。
[PR]
by mayukoism | 2009-08-06 03:22 | 生活