乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

君が僕を知ってる

こんばんは、とあいさつしながら入れるお店があるというのはいいことだ、と思う。
ヒナタ屋ではいつも、チキンカレーとグラスワインをたのむ。
雑誌に載ってどうでしたか、とおたずねすると、ふだんは来ないような層のお客様が来て、
なんだかへんなかんじ、でした、と言う。
おもわず、このままでいいです、と言ってしまう。

大きな窓をゆったりとながれていく夜を見ている。
夜は光ったり、ふくらんだり、ふりむいたりしている。
ただそれだけを見ている。

きのう研修した女の子が今日は来なかった。
開店前に電話があり、自分にはできそうもないのでやめたいと言っていた、と伝え聞く。
おりかえし電話をして、ゆっくりと話をしてみたが、意思はかわらず了承した。
売場をまわり、よくお尋ねのある棚を説明し、レジではなにが起きてもフォローできるよう、うしろにつく。
ひとりアルバイトをうけいれるということは、すくなくとも二日間、その子にかかりきりになるということだ。
だから、その子が来なくなると、ああ、あの時間いったいなんだったんだろうなあ、ということになる。
そしてそれは、よくあることだ。

よくあることで、慣れている。
慣れているけど、見えない部分をすりむいている。
なにがまずかったのかなあ、と考えたりもする。
お湯にはいるとひりひりいたむ。

それにしてもここのところずっと、なにかがくるしいと思っていた。
それがなにかわからなくてまたくるしかった。
うんざりして、いいかげんわかりたいと思って、たちどまった。
ひとつわかったことは、自分にできないことをご丁寧にかぞえて、ならべあげるのはやめなさい、ということ。
できないことをできるようにするのは、それはすばらしいことでしょうが、できないことばっかり考えていると、
しょっちゅう思考が停止する。
できないこと、できなかったこと、これからもしないだろうこと、すべてをやろうとするのはもうやめよう。
たまにはきちんと、自分にできること、自分にしかできないなにかのことも、考えよう。

帰宅して、忌野清志郎が亡くなったと知った。
RCサクセションはもちろん遅れて知ったし、ライブに行ったこともない。
ただ、大学に入学したその日にさそわれた映画制作サークルの先輩が、たいへんなキヨシロー好きだった。
温厚な雰囲気のその先輩が、カラオケで「雨上がりの夜空に」を跳ねながら歌った。
サークルとは言ってもほとんど飲むために集まるような、ゆるいサークルだった。
その先輩は、同じサークル内にいた恋人とうまくいかなくなって、やがて来なくなってしまうのだけど、
その後もカラオケに行くと、最後は「雨上がりの夜空に」で、全員がなんとなく跳ねる、という、
おかしな慣習だけがのこった。
さっきからずっとYouTubeを流している。
とっても生きている。
いない人の歌として、聴くにはちょっとはやすぎる。

今までして来た悪い事だけで
僕が明日有名になっても
どうって事ないぜ まるで気にしない
君が僕を知ってる

RCサクセション『君が僕を知ってる』より

[PR]
by mayukoism | 2009-05-03 01:51 | 生活