乃木繭子 本のある風景など。http://twitter.com/komayuko


by mayukoism
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

この部屋は仙台よりさむい

津村記久子が芥川賞をとりました。
うむ。とってみると、やや早かったのではないか、という気がする。
年末に出た『アレグリアとは仕事はできない』(筑摩書房)、『ちくま』に連載していた
『コピー機が憎い!』を改題したもので、改題したのにまったくタイトルがよくなっていないという
稀有な例で、この人はもう編集者に題名をつけてもらったほうがいいような気がするのだけど、
それはさておき、表題作は面白いんですが、同時収録の書き下ろしがいただけなくて、
それでなんとなく、芥川賞の候補に名を連ねていても気持ちが盛り上がらないでいたのだ。
今回は鹿島田真希かと思っていた。
受賞作はまだ読んでいない。
追ってきた作家が芥川賞をとるのは絲山さん以来だ。
ひとまず受賞作を読むのが楽しみです。読んだらまた感想を書きます。

最近はまっているもの。
雪の吹き荒れる12月の仙台で、知人が買った亀田製菓の黒豆入りぬれ餅「ちぎれもち」、
ロータリーで凍えながら口にして、思わずパッケージをうばってしまったほどに美味く、
感動したのですが、東京でも会えました。セブンイレブンでしか売っていない模様。
ぬれ煎好きにはこのもっちり醤油味がたまりません。

書きたいことや書かなきゃいけないことはやまほどある気がするのですが、
ひとまずはここまでにして今日は眠ります。
おやすみなさい。
[PR]
by mayukoism | 2009-01-16 02:37 | 本のこと